PROFILE

佐藤ナウ

1985年4月15日生まれ。 

3歳の時にバイオリンを始め、音楽キャリアをスタート。 

以降、作詞・作曲・編曲を独学で学ぶ。 

中学校在学中から音楽活動を開始。 バンドとしてアルバム一枚を制作し、その後は個人活動へ。 

2010年頃からCM音楽を中心に音楽制作に携わる。

音楽活動もさることながら、音楽Podcast番組「radioDTM」、「ガリンペイロ」「インディーズナビ」(TBSラジオ)などでラジオパーソナリティー/作家も務める。

radioDTMは、2019年にニッポン放送企画・制作の「JAPAN PODCAST AWARDS 2019」最終選考20組に選出されている。

また、MVのプロデュース業にも携わり、「Bentham」「鳴ル銅鑼」といったアーティストを中心に、これまで20本以上のMVを手がけている。

音楽制作・ラジオパーソナリティーを軸に多方面で可能性を探り続ける。


【音楽制作 担当作品】

船橋ケイバ「HeartBeat」篇

ポケットマルシェ 「生産者の”想い”と 、あなたの”おいしい”を、つなげたい。」TVCM

ポニークリーニング「ポニークリーニング」TVCM

KOSÉ「ONE BY KOSÉ「忙しいママに」篇」 Webムービー

あしたのチーム「人事評価クラウド あしたのクラウド」 CM 30秒 キャンペーンバージョン

楽婚「楽婚 2020」TV CM

葬儀場サガセルくん Web CM

ルルド「Lourdes Relax Face」Web

ルルド「マッサージクッション 10周年の歴史」Web

船橋ケイバ「ふわふわバブルフェス」篇 CM

Honda|夢を描く喜びを子どもたちへ おわりのないえほん

スタディング - スマホで学べるオンライン通信資格講座「STUDYing上司篇 -Are You Studying?-」

TOYOTA GAZOO Racing「GR SUPRA FULL THROTTLE IMPRESSION」

DOCOMO 「DESIGN EXHIBITION “COLORS”」

HONDA 「クルマのエンジン音で赤ちゃんが泣き止む!?「Honda SOUND SITTER」Web Movie」

Talknote 「エンゲージメントクラウド「Talknote」WEB CM」

地域若者サポートステーション(通称:サポステ)動画広告

Microsoft 「Office 時短 Tips - 楽しもう Office」

スカパー! 「日本のOJISAN(オジサン)は誤解されている」

SONY -Stories- 「テクノロジー×遊び心 生み出す未来とは?」「未来を創るイノベーションの交差点 - Sony Innovation Fund -」「未来ビジョンを現実にするプロダクトデザイン - Sony Design -」

MDNA SKIN Official 「Beauty for Beauty」

東京上野クリニック 「もんじゃ編」「バイバイダンス編」「はじまりの歌編」「Change the World編」CM

LINE 「LINEサイバー防災訓練」

UCC 「コーヒー豆の大冒険/The Adventure of Coffee Beans.」

TAMIYA 「The Racer」TAMIYA Mini 4WD Short film

teams 「草野球ハイライト」

NEC 「LAVIE Hybrid Frista 武井咲主演「シンデレラ」篇」

TAMIYA 「1/1 GIANT MINI 4WD PROJECT 1/1 ミニ四駆 実車化プロジェクト」

Softbank 「ギガモンスター」

アンファー 「スカルプD ボーテ」

AGFトリプレッソ 「自由って、ヒゲだ!ヒゲを描いて遊ぼう!」

岡山理科大学 「SCIENCEFUL! 君の?が明日を変える。」

ドナルド・マクドナルド・ハウス 「バッターボックス篇」

TBSラジオ 「ガリンペイロ」番組テーマ/BGM,ジングル

他多数


【ラジオパーソナリティー・作家 担当番組】

音楽が聴けるPodcast番組「radioDTM

TBSラジオ「失敗から学べばいいじゃん」

TBSラジオ「ガリンペイロ」

TBSラジオ「インディーズナビ」

TBSラジオ「バン速!」

UROROS 「社長、蕎麦屋やめたってよ」(コラム寄稿)


【MVプロデュース 参加作品】

Bentham 「パブリック 2019ver.」「FATEMOTION」「サテライト」「タイムオーバー」「TONIGHT」「手の鳴る方へ」

鳴ル銅鑼 「独立宣言」「DUNE」「独立宣言」「化学舞踊」「禁断の果実」

クウチュウ線 「佐知子」

ヤーチャイカ 「散ル散ル満チル」「めのう」

他多数